医療脱毛アンテナ

脱毛歴20年。光脱毛や医療レーザー脱毛、ワックス脱毛など、いろんな脱毛を経験を掲載していきます。

未完成のVIO脱毛と彼氏がご対面!~脱毛あるある体験談

f:id:eoelehelterowcwhsrtv:20160725152510p:plain

8年ほど前から、全身脱毛をしているのですが、VIOの部分て、形を自分でメイキング出来るのって知ってますか?
当時のお店のスタッフに、「まず、全部毛を無くしてから、生え方を揃える方って多いんですよ」と言われました。

最初の数回は、VIOの全ての毛を脱毛してから、新たに毛を生やして自分の好きな毛の量にするというものらしいんです。
モデルさんは、仕事がら、全く毛が無い人もいるというのは聞いたことがありましたが、自分には縁がないと思ってたので、しばらくポカンとしてしまいました。
でも、人によってサイズの好みもあるそうで、毛を完全に無くしたい人もいれば、指2本位の太さでいいという人と様々なんだそうです。
確かに毛も長いから、一から全て整えるのは、ありかなーと思って、まずツルッツルにしてから毛を生やして整えることにしました。

、、、そう決意したのは良いものの。。。

脱毛するのに、毛をツルッツルに自己処理をしてからいかなきゃいけないんですね。
それは、まだ良かったのですが、脱毛してからしばらくは、毛が生えてくる度チクチクするんです。仕事中も気になるしソワソワするしで。。。

そんな時、ある日突然友達に告白されたんです。
いいなーと思ってた人だったので、即OKしました。
そして付き合うことになったのですが、初めての夜、事態は一変しました。

食事をして、彼のお家に行き、甘い雰囲気になって、そのままの流れに私も身を任せました。
ドキドキしてたので、毛が全くないことをすっかり忘れてしまってたのですが、ショーツを下ろした彼は、ビックリして、動きが止まりました。


「、、、え?」
と言われ、私も事態に気付き、

f:id:eoelehelterowcwhsrtv:20160725152838p:plain


「、、あ、今ないの。整えてて。もうすぐしたらいい感じに生えるんだけど、、。ビックリした?」
と慌てて弁解。
あーもう、雰囲気台無し、初めての夜なのにー、、と落ち込み始めてたら、
「正直びっくりしたけど、でも可愛い」
と、戸惑いながらも言ってくれたんです。
いや実際かなり面食らったと思います。
だって、あるべきものがないんですもん。
でも、彼の優しさで、なんとか雰囲気が壊れることなく思い出の一夜になりました。
「チクチクするね」
と笑ってましたが(笑)
今はもう、形も整えて、好みの太さになってるので、そんなことはありませんが、当時の事を思い出すと、お互い若かったし、なんだか笑えます。
その彼とは、その後別れちゃいましたが、今となってはいい思い出です。

 

剛毛からの脱却!女子のVIO脱毛事情~脱毛あるある体験談

 

f:id:eoelehelterowcwhsrtv:20160725153430p:plain

先日、女子だけの飲み会でこんな話題が出ました。

「脱毛してる?」

その時のメンバーは6人、していると答えたのは私を含め5名でした。
そのうち2名は腕と脚などの部分脱毛で既に通い終わったとのこと。
私を含めた3名は全身かそれに近い内容でうち2名は継続中でした。

そんな中、腕と脚の脱毛を完了した一人がこう言いました。

「下の毛ってどうしてる?」

お酒も回っていたので私は一番に答えました。

「小判くらい残してあとは全部やってまーす♪」

形を言う必要はなかったような気もしますが、
私の答えを聞いて他の2名も同じような反応をしました。

残りの3名は驚いたようで、
「えっ!私ナチュラルに育てっぱなしなんだけど!」
「やった方がいいの??」
と3対3で質疑応答が繰り広げられました。

私が通っている脱毛サロンでは、
“女性の60%がデリケートゾーン(VIOライン)の処理をしています”
と謳っています。

V=前から見える部分
I=粘膜部分の周辺
O=おしりの穴周辺

私の考えでは、100%の女性に処理が必要なわけではなく、
人それぞれ毛量などが違うので、必要のない人もいると思っています。

私は当然“必要”なタイプであるわけで、
水着を着れば胸ははみ出ないのに、毛ははみ出る。
夏場にミニスカート+生足で座ると、椅子に毛が残る。
それはそれは防御能力の高いデリケートゾーンでございました。

ですので10代の時からなんとかしたいとは
思っていたわけです。

そんな私がフリーペーパーで脱毛サロンの広告を
穴が開くほど見るようになった決定的な出来事がありました。

 

当時お付き合いしていた彼氏と
恋人らしいひと時を送っていた時のことです。

その当時、Vラインをカミソリと脱毛器で処理していました。
IとOは自分で見ることが怖いというのもあり
特に何をしていませんでした。

暗い部屋の中、彼が口でしてくれた訳ですが
薄暗いながらも私は衝撃の光景を目にしたのです。

f:id:eoelehelterowcwhsrtv:20160725153455p:plain

彼が顔を上げるたびに、
口の中のものを指でつまんでさっさっと捨てているのです。

“ギャーっ!それまさか私の、毛!!!??”

心の中で叫びました。
そして申し訳ない気持ちと焦る気持ち一杯で、

「もういいよっ、ありがと!さあさつぎつぎ!」

と気づかないふりをしました。
もちろん何も集中できずに終わりました。
それからはもう口でしてもらうのを断固拒否。
彼にしてみれば突然の私の変化に戸惑ったと思いますが、
もうあの光景がトラウマレベルに恥ずかしかったのです。

その後、しばらくしてようやく脱毛サロンに通うことができ、
残念ながら当時の彼氏とは別れてしまいましたが
いまの彼には“私って毛が薄いのよっ(ういんく)”
と心の中でアピールできるまでになりました。

パートナーの為に処理を検討してみるのも大切かもしれません。また、今は普通の男性もVIO脱毛をしています。彼氏がそうだった場合は彼女だけ自然のまま・・とはいかない感じもあります。

 

ワキ脱毛の契約と乳輪脱毛で2度失敗~脱毛あるある体験談

f:id:eoelehelterowcwhsrtv:20160725153949p:plain

最近、電車などで本当に毎日脱毛サロンの広告を見る気がします。

仕組みはよく分かっていませんが、500円で脱毛ができるようなサロンもあるようですね。

私は既に2年ほど前から脱毛サロンに通っています。
小さいころから体毛の濃さに悩まされていたので、
将来は絶対に全身脱毛をしてやる…!と誓っていたのです。

そのころは20代後半にでもなればお金に余裕ができて
全身脱毛も契約できるだろう。そんな風に思っていましたが、
考えてみれば肌の露出が多めなのが許されるのは
20代までではないか?
30歳を越えて海でビキニ?電車でノースリーブ?

気づけば体験の予約をしていました。

実は18歳の頃、フリーペーパーに掲載されていた某大手エステチェーンの
“無料脱毛”という広告につられ体験を申し込んだことがありました。
しかしその当時は“施術部位の毛が2mm程度伸びてなければならない”
そう言われ、初めに意気揚々と腋毛を剃って電話しをしてしまったため、
それを聞いてすぐにあきらめてしまったのでした。

もうそうはならないぞ!
そう意気込み、今回は2日間脚の毛を剃らずに
夏だったのでパンツスタイルで過ごしました。
そして当日は脱ぎやすい服装がいいだろうと思い、
膝丈のワンピースを着ていきました。
ちなみに朝早かったので行きで誰かに見られることはなかったと思います。

そしてお店に入り、
全身脱毛に興味がある旨を伝えます。

するとなんということでしょう。
あれよあれよという間に気が付いたら契約が終わり、
私はスネ毛を生やしたまま新宿の真ん中に立っていました。

いまだに何故あの時体験をさせてもらえなかったのか分かっていません。
契約する気満々だったのがバレバレだったのか、
体験という字を“体感(感じ取ってみるだけ)”と間違えたのか、
そもそも体験なんてやっていなかったのか。
説明書など見ない性格なのでよく分かりません。

そんな説明書を読まない私は早速初日で失敗をしました。

初回は腕、ワキ、お腹の施術内容でした。
前日までに自己処理をしてくるように言われていたので
カミソリで処理をしてから行きました。

「ガウンに着替えてお待ちください」

柔らかい声を出すスタッフの方に言われる通り着替え、
ベッドに横たわっていました。

「では状態をチェックしますね」

どうやら初めに自己処理がきちんとできているかチェックするようです。
ほくろや傷跡を避けるために白いペンで丸を付けてくれます。

「こちらの部分は処理が足りていないので、避けますね」

スタッフの方は大きな丸を2つ書いて、ペンを置きました。
私はそこで失敗をしたことに気が付きました。

f:id:eoelehelterowcwhsrtv:20160725154133p:plain

今日の施術は腕、ワキ、お腹です。
ちょっと考えれば分かったはずでした。

…胸もお腹に含まれることを。

スタッフの方は丸を2つ、私の乳首の周りに描いたのです。
幸か不幸か、他の胸部分は引っかからなかったようでした。

「終わりましたのでお着替えをお願いします」

個室に一人になり、起き上がって鏡を見ました。
胸に描かれた大きな白い丸。どこの民族だ。

すぐに下着をつけ、服を着てからこれ以上見えないはずの胸を隠すようにしてお店を去りました。

残念ながらそのサロンでは剃り残した部分も消化されてしまいます。
乳首の毛だけが残ったらどうしようと、
日々眠れない夜が続いているのです。